東京でタトゥーを除去するときは

それぞれの方法にもデメリットがある

「切除手術」は皮膚を取り除き、絵や柄のあった部分の皮膚を縫い合わせます。
結果、傷痕が残りやすく痛みが発生することも珍しくありません。
さらに、あまりにも大きい刺青には対応することが出来ないというケースもあります。
東京で広く行われているタトゥー除去法の中には、切除ではなく皮膚の表面を削って刺青を無くすという「切削手術」という方法も存在します。
名前の通り皮膚を削り、色素の入った部分を取り除く手術です。
こういった皮膚への施術自体は、必ず麻酔をかけて行われますので、施術中の痛みは比較的少ないですから、安心して受けることが出来ます。
切削の場合は、広範囲の絵柄や色のものにも対応していることが支持されているポイントです。
レーザー反応が弱いカラーに対しても有効ですが、あくまで削るという手術ですから、傷痕が残りやすくなります。
また、皮膚の深い部分まで色を入れてしまった場合は、この施術で刺青を消すことは難しいでしょう。

【コラム】タトゥー除去

タトゥー除去は彫るよりも大変!?
各方法のメリット、デメリットをご紹介!#整形 #東京 #名医 #タトゥー #メリット #デメリット https://t.co/nn0zobmSm6

— 東京整形相談所 (@TokyoSeikei) January 4, 2016

タトゥー除去なら皮膚科か美容外科へそれぞれの方法にもデメリットがある自分の刺青にマッチした方法で除去